事業内容

(1)広報活動の強化
(2)技術力の向上・品質の安定化を図る取り組み
(3)経営基盤の強化に関する取り組み
(4)その他

第15期 会長挨拶

令和2年度 スローガン

「鉄骨にもっと情熱を!」

 

令和2年5月15日、開催の第29回通常総会(WEB総会)にて承認されました、関東ブロック、東京都の青年部から出向しております池田和隆です。新型コロナウィルスの影響で、通常総会の開催が延期となり、急遽、WEB総会という形で通常総会を執り行いました。
はじめに、目には見えないウィルスと日々、向き合い、戦っている医療従事者、関係者の方々の皆様には、感謝の言葉しかございません。新型コロナウィルスが一刻も早く終息し、すべての皆様が安心して笑顔で暮らせる日々が戻ってくることをお祈り申し上げます。
我々、全国鉄構工業協会青年部会(全青会)は、1992年、「青年経営者及び若手後継者等が組織を通じて一堂に会し、広い視野からその交流の輪を広げ、企業活動のより一層の活性化を図り、併せて業界振興に貢献する」を活動理念に掲げ発足しました。設立当初の会員は、36都道府県の青年部会員が1,385名でスタート。当初より、福祉事業や社会貢献に重点を置き活動しており、国際連合児童基金(ユニセフ)に寄付をするなど社会貢献を実施することで、今よりも低かった鉄骨に対する認知度を向上させる意図もあり、社会貢献と業界のPR活動を同時に実施しておりました。以来約三十年、お互いライバル関係にありながらも、業界の発展に寄与すべく、同じ目標に向かい若者らしい柔軟な発想と行動力で様々な活動を展開しております。
30周年目の節目となる令和2年度 スローガンは 「鉄骨にもっと情熱を!」といたしました。
本来であれば、東京五輪が開催し、五輪特需で延期になっていた計画が動き出し、今年の秋以降は来年にわたって繁忙期を迎えるはずだった鉄骨業界は、新型コロナウィルスの世界的な感染拡大より、計画が延期、中止となる物件も散見されはじめています。こんな時だからこそ、皆で情報を密に交換し合い、今後の動向を注視し、withコロナ、afterコロナのことも、一緒になって考え、知恵を出し合い、長期戦が予想される見えない敵との戦いに情熱をもって立ち向かっていきましょう!
今後とも、全青会活動に対し、皆様からのご支援・ご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

会長 池田 和隆

 

第15期 役員紹介

会 長
関東ブロック

池田 和隆
(いけだ かずたか)
池田鉄工(株)

副会長
北海道ブロック

高田 知明
(たかだ ともあき)
北榮興業(株)

監 事
東北ブロック

菊池 哲
(きくち あきら)
新興工業(株)

事務局
関東ブロック

大久保 隆司
(おおくぼ たかし)
大久保鉄工(株)

会計
中部ブロック

金原 正典
(きんぱら まさのり)
(株)金原工業所


中部ブロック

長谷川 勝義
(はせがわ かつよし)
(有)長国鉄工所

監 事
北陸ブロック

川合 徳和
(かわい のりかず)
三鐵工業(株)

副会長
近畿ブロック

坂本 泰雄
(さかもと やすお)
坂本建設(有)

中国ブロック

西本 佳展
(にしもと よしのぶ)
(有)西本鉄工建設


四国ブロック

宮脇 旭
(みやわき あきら)
(株)坂本鉄工

副会長
九州ブロック

馬場 友幸
(ばば ともゆき)
(株)馬場製作所